父の話

ふと、亡き父について振り返る日となりました。忙しい日々で、想いを馳せることを忘れていました。過去も、今も、誰よりも応援団であると信じて。たまに、読み返そうと思います。自分のための記事です。