Warning: Use of undefined constant HTTP_USER_AGENT - assumed 'HTTP_USER_AGENT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ac3i7zitmnxh/evergirl.jp/public_html/wp-content/themes/bloco/functions.php on line 466

「なんだかなー」と思う営業電話が多すぎる

こんばんは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。

私は、ネイルサロンのお客様からの電話用にPHSを持っています。ブログにもホームページにも、番号を載せています。

そこへの電話は、半数くらいが営業電話です。

その電話によって、結構嫌な思いをすることがあるので、どんなことが嫌なことなのか、どうやって対処しているのかを書いてみます。

嫌なパターンって、ずっと同じだし、ほとんどの会社が進化していないなぁと思います。テレアポってなんなんだ!!

テレアポよりも有効な手って、もっとあると思うんです。この記事を読んで、該当する人はちょっと考えていただけたら。

 

営業される側にとって、むかつくこと

・まず、大体において早口過ぎて社名が聞き取れない。調べようがない。有名じゃない会社ならちゃんと名乗って。

・ブログのトップページの電話番号の横に、「営業電話は固くお断りします」と書いているのですが、それでもかけてくるから、まず、1ヒドイ。(=KYともいう)

・「今、お時間大丈夫ですか?」と聞かれ、「少しなら(3~5分くらい)」と言うと、「わー」っと喋ってくる。だいたい新しいサービスの話。

・1分経過後くらいに、「うちは広告に掛ける予算を持っていないから、お金がかかるなら結構です」と言う。

 すると、「まずは一度訪問させていただいて、ご説明したいのですが。その上でご判断いただければ」と言われる。

・「じゃ、その新しいサービスの資料をメールで送ってください。メールアドレスも載せていますから」、「あるいは、他の地域ですでにやっているサービスなら、そのリンクを送ってもらえますか」とこちらが言うと、「あーそれは無理なんです」と言う。

・「そんな分からないサービス(あんた)に割く時間はないから、いいです」と言う。

・(向こう)「分かりました(ガチャ。)」  ・・・お前が先に切るなよ。社会人として最悪だね。と思う。チッていう心の声まで聴こえる。こっちが言いたいわ。

・しかも、後ろもアポ取り電話をガヤガヤしていたりすることもある

・不在にしていた時に着信があり、お客様だったら、と思って折り返すと、「お電話すみません」と、出先で忙しそうに対応される(はあ・・・こっちが切りたくなるわ)

・話を聞いて、断った会社の他の新人からまた電話が来る(余りに間抜けなので、電話番号をブロックしています)

 特に4月に多い。リストアップ&テレアポを新人研修にしている会社があるようだ。

 

ほんっとうにこういうパターンが多い!!!!

 

だいたいにおいて不愉快になるので、本当にマナーがなっていない人(会社)は電話をしないでほしい。

残念なことに、私は、ひとよりも先に電話を切ることに慣れていない。ガチャ切りはできないのです。どうして話を聞いてもらう人の方が先に切ることができるんだろう?

対処法としては、営業で有料だと分かった瞬間のガチャ切りしかないのかな、と思う。困っちゃいます。

 

一方、思わず内容を聞いて、検討する電話は?

 

良いな、と思うのは、

 

・時短のため、先に資料や概要をメールで送ってくれて、その上で「興味があったらご連絡ください」、とある。

・さらに、有料であることや条件も先に書いてくれている。

・当然、会社名も個人名も連絡先も良く分かる。

 

こんな、当たり前のことができる会社が、すごーく少ない。20分の1くらい。

 

サロンにお電話される皆さん。

 

いつまでテレアポテレアポ言うんですか?

それが通用する世の中なのですか?

それで話を聞いてくれるサロンが多いんですか?

 

もし担当の方がこのブログを見たら、ちょっと考えてほしいです。

 

唯一お電話で受けたことのあるお話は、聞き取りやすく、webサイトも検索しやすく、企画もわかりやすいものでした。

江戸川区の子育て応援サイト はぎゅっとさんです。

江戸川区 地域密着型 子育て支援サイト

https://www.hugyutto.com/Default.aspx

ポリシーがしっかりしている会社さんはいいですね。

しっかりしたメールが先に来て、ウン十万の広告費をかけたこともあります。

分かりやすい話で、取引をしたこともあります。

でも、だいたいが関わりたくもない会社さん(担当者)なんです。

久々に、以下のような好感度のあるメールをいただいたので、思わず書いてみました(*^-^*)

数打てば当たると思っている電話より、よほどこの方が良かったりしません?

あるいは、メールを送ってから電話をしたほうが効率よくないですか?

そういう風に焦っている電話って、よほど自信のないサービスなのかな、と思います。

皆さん是非考えてほしいです。

当たって砕けるより、スマートに営業してほしいです。この声が誰かに届きますように。

 

心象が良いメール

 

Evergirl
キコ さま

突然のご連絡大変失礼いたします。
私、〇〇社発行・ファッション誌「C〇〇〇.」にてビューティー企画を
担当しております、XXXの△△と申します。

誠に勝手ながらブログを拝見いたしました。

実はこの度、「C〇〇〇.」9月号(2018年7月28日発売)の中面での特集で、
自分磨きをテーマに素敵なサロンや、アイテムを厳選してご紹介する企画がございます。
(掲載料金のかかる企画になっております。)

この企画は、弊社×××と〇〇社広告部と共同で企画制作をしており、
毎年読者様からの好評をいただき、非常に人気のある企画となっております。

C〇〇〇.にぴったりな大変魅力的なサロン様とお見受けし、
ぜひ今企画にてご紹介させていただきたくご連絡を差し上げました。

もしご興味をお持ちいただけましたら、まずは、詳細をお伝えできればと思いますので、
C〇〇〇.企画担当の△△(03-***-****)までご連絡いただければ、大変嬉しく思います。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。

失礼致します。

 

桜は、近所の仙台堀川公園で今日撮ったものです。とてもきれいでした!

帰ると、素敵なメールが届いていたので、思わず。ちなみに、雑誌の掲載はウン十万、ウン100万なので、お返事はできないんですけどね^^

ご担当の方も時間がかからなくてよいのでは、と思います。