Warning: Use of undefined constant HTTP_USER_AGENT - assumed 'HTTP_USER_AGENT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/ac3i7zitmnxh/evergirl.jp/public_html/wp-content/themes/bloco/functions.php on line 466

ゴールデンウィークに断捨離2018② BR69~72 フランス人は服を10着しか持たない 他フランスの女性本

こんにちは。女性の在りたい姿を応援する、エバーガールの有紀子です。
3部作に渡る、2018年ゴールデンウィークの断捨離、②です。

この記事では、ひと、もの、コトの断捨離について整理します。

とっても参考になった本はこちら。

この本は以前から目にしていたのですが、「服を減らす話でしょう。そんな1冊読んだだけで服を減らすなんてできないし」と特に読んでいなかった本なのですが、今回服を減らしたく、読んでみました。

その結果、実は服の話は本の一つのエピソードであり、キャッチーで印象的なタイトルにすることで、惹きつけただけだったのですね。

内容は、アメリカ西海岸の女性がパリのマダムの家にホームステイをし、そこで学んだ色々な違いについてでした。

 

例えば、洋服だけではなくて、食器の話も出てきます。

パリのマダムは、「とっておきの食器をいつも使うのよ。美しいお皿にご飯をよそってみんなで美味しく食べるの。とても幸せなときなんだから」

と言います。そして、スープ、メイン、デザートまではしっかり楽しむ。

その代わり、おやつ(スナック)という概念がない。

これはアメリカ人と大違いですよね。お水をたくさん飲んで、ハレの日とケの日を作らず、いつでも朝から晩までおうちでの生活を楽しむ、というようなライフスタイル本だったのです。

 

さっそく食器の断捨離です。

 

子どもたちが小学生になりました。

幼児のころに、「割れないように」というのを最優先で使っていた食器たち。

もはや給食のお皿にしか見えません(苦笑)

お茶碗を大切にすること、食事を丁寧にいただくことを含めて、食器を断捨離しました。

IKEAのプラスチック皿もおやつなどに便利だし、割れる心配もなく安心だったのですが、思い切って断捨離です。

よくにおいをかぐと、なんかもうカビ臭かったですし。

だんだんと大人用の食器も買い足していて、収納破綻になっていたので、スッキリしました。

 

そして、来客用、特別なとき用、頑張ったとき用に大事にしまってあったこちらの年に数回も使わない食器を、一軍入りさせました。

ほとんど入れ替わってしまいました。

プラスチックさようなら、ありがとうございました。

こどもたちも、ないことにはすぐに慣れて、むしろ食器の質感を味わっているように思います。

 

 

洋服に関しても、ライフスタイルのお話でした。

 

フランスの方は、家着という概念がないそうです。

いつでも朝から厳選されたお気に入りの服を着て、過ごします。

忙しいのでメイクはポイントメイク。その日の気分やTPOによって使い分けます。

 

アメリカ人だと、週に何回も同じ服を着るのが恥ずかしいという気持ちがあるようですが(私もそうです)、フランスの方は、自分に似合う定番品のみを残して、いつでも上質でシックなものを着こなすようです。

真似はできないですけど、夜がガウンなどを羽織るそう。

 

このくだりを見て、ただバリエーションとして保存しているものの、イマイチ骨格診断やカラー診断で似合っていないなあと思う服を断捨離することができました。

それから、ユニクロの部屋着も処分処分です。

眠っていたジェラートピケの肌触りがよいものを着るようにしました。

 

こちらの続編も読みました。

こちらはカリフォルニアに帰り、家庭と子どもを持った著者が、実践を重ねているエピソードです。

この本のエピソードで心に残ったのは、「家が狭い、収納が足りないなどどれだけ文句があるの?世界中を見渡せば、自分よりも狭い場所でも楽しんで暮らしている人はたくさんいるわよ」というくだりです。

今ある自分のモノを愛そう、という心が伝わりました。

 

 

きっかけに、プチガーデニングを始めてみたり、まつエクを継続したりしています。

まつエクの効果は、面白いところですが、目が大きく見えるのか、PTAで学校に行き、副校長先生などと話をするときもなんだか説得力が増すことです(笑)

これすごくないですか?人は見た目で印象が判断されるって本当にあるなぁと思います。ヒールを履いていると、背筋も伸び、よりしっかりした人に見られますしね。

 

イメージするなら、たとえば、例え外出の予定がない日でも、朝8時に宅急便のお兄さんが来たときに、バッチリな格好で、「(ニコッ)ありがとう!」と言えるような感じです。

いつでも誰かに見られている。いつでも魅力的な格好でいる。

そんな風に振舞うことが、気持ちも行動もポジティブにさせてくれます。

 

この本を読んだ話をしたら、お友達からこちらの本も勧めてもらいました。

 

どちらも読了。とても良かったです。長くなるためこの本のレビューは後日、また別記事で。

 

 

 

ゴールデンウィークには人脈についても、少し見直してみました。人によっては子どもや自分の習い事、など、人やことについても見直すことも必要ですよね。

 

個人的にはこちらの本もオススメです。

BR25 『フランスの子育てが日本よりも10倍楽な理由』

 

さあ、今日も服をさらに厳選しよう!そしてお洒落をしよう(*^-^*)

 

カラー診断&骨格診断についてはこちら☆

カラー&骨格診断 そしてイメージコンサルティング

 

ゴールデンウィーク2018断捨離シリーズ残りはこちら☆

ゴールデンウィークに断捨離2018③ 意志力&IKEA&大川家具さん

ゴールデンウィークに断捨離① メルカリは出品60点、取引累計600点に BR68 「幸せとお金の経済学」地位財、非地位財を明確に ~メルカリティーチャーも始まったヨ~